パワーストーンで健康回復。自然融合研究所 〒321-0915 栃木県宇都宮市東刑部町392-5 TEL:028-656-5901 E-mail:yatabe5901@ozzio.jp

パワーストーンの自然融合研究所 メインページ石の力販売商品商標登録会社概要お問い合わせ

パワーストーンの自然融合研究所 ≪ HOME ≪ 「石」の力

ご好評頂く製品

パワープリンセス

パワープリンセス

パワーストーン・万能

パワープリンセス

UFS リングタイプ

パワープリンセス

製品のご説明はこちらから

 

会社概要

■ 社名

 自然融合研究所

■ 所在地

 〒321-0915

 栃木県宇都宮市東刑部町392-5

■ 連絡先

 TEL:028-656-5901

 FAX:028-656-9308

■ E-mail

 yatabe5901@ozzio.jp

パワープリンセス

■ 「石」が持つ「地球創造の記憶」

石の力 石の力

日常の中でも皆さんの身の回りにはたくさんの「石」があります・・・しかし、これを「地球のカケラ」と思って目にする人は少ないかも知れません。

天然石とは地球そのものであり、46億年の地球誕生から生命誕生の歴史・・・それら変遷の全てを知る唯一の存在なのです。

■ 「石」こそが万物の源

パワーストーンの力 石の力

自然の石とは地球の構成材であり、「重力」「地熱」「自然界の気」など地球や宇宙から発散されるエネルギー通過の為の最良の媒体であります。

また、我々生物は「水」を起源として誕生したと云われています。しかし、その「水」でさえマグマ化した天然石から噴出した水蒸気が元となり誕生しました。天然石こそが「万物の源」・・・と行っても過言では無いのです。

■ 世界から厳選した「天然石」で作られた「UFS」

パワープリンセス

当研究所が「天然石」にこだわり研究を重ねた結果、天然石にもその「種類」や「石目」により人体に及ぼす影響の違いがある事が判明しております。

天然石の中には石自体がエネルギーを発生させる類のモノと、石が媒体・・・いわゆる外部エネルギーの増幅器となるモノがあります。

前者では最近話題になっている「岩盤浴」などにも使われる「鉱石」が代表的です。鉱石からは「ラジウム」や「ラドン」などの微量放射線が発生し、これが人体に影響を及ぼす事はご存知かと思います。しかしこれは人体に良い影響を与える場合もありますが、ケースによっては放射線が悪作用を引き起こす事も考えられます。

後者の「増幅器」となる天然石では当研究所商品の「パワーストーンUFS」にも用いられる「堆積岩」が代表的です。「堆積岩」とは数億年の間に礫・砂・火山灰などが堆積・圧縮を繰り替えす続成作用にて成形したモノで、石自体が直接エネルギーを発生させるものではありません。しかし数億年の間の続成作用は石に「完全な粒子レベルの整列」を与え、当研究所が発見した「天然石から発生する力」・・・正確には「天然石により増幅される力」においては最良の増幅器となるのです。

また堆積岩により「増幅される力」のもとは、本来私達が地球や宇宙から受けている「自然界の気」ともいえるチカラです。「鉱石」などから発生する「放射線」などとは違い、人体には全くの無害であります。

当研究所では全世界の天然の堆積岩による試作・検討の結果、「増幅器」としての作用が最も高い種類の堆積岩を「UFS」に採用しております。またその中でも「透過率」に大きく影響を与える「石目の状態」も材料一つ一つのチェックにより管理し、万全の体制にてお客様に最高の製品をお届けいたします。

■ 「OABC理論」「ニュージャイロ方式」

宇宙融合の超健康革命

当研究所では「UFS」が人体に与える効果に関する理論として、「OABC理論」や「ニュージャイロ方式」といった理論を提唱しております。「人体は何故健康では無くなるのか」「時間と空間の健康への関連」・・・などなど、「UFS」と人体のかかわりを書籍に取りまとめ出版しております。

ご覧頂ければ、なぜ現代社会においてこれほどまでに「UFS」が必要とされているのかをご理解頂けると存じます。

宇宙融合の超健康革命  ―「新・UFSバランス理論」が完璧な健康状態を創り出す

出版社:現代書林  発刊:2001/01  著者:自然融合研究所 所長 谷田部貞夫

■ はじめに

■ 第一章 自然融合石「UFS」とは何か ―自然融合のメカニズムをさぐる―

■ 第二章 「UFS」融合水の驚くべき効果

■ 第三章 家族でできる「UFS」活用法

■ 全191ページ

■ 「薬」に頼らない健康維持

健康 家族

現代では医療の「西洋主流の投薬主義」により、人間が本来持つ「自然治癒力」が低下していると云われます。人体には古代より絶滅せずに生き延びてきた、優れた「自然治癒力」「免疫力」があります。しかし薬に頼る現代医療は、この人間が持つ偉大な能力を「退化」させてしまっています。

『パワープリンセス』には、もちろん投薬にて起こる副作用や人体の機能低下の問題もありません。自然の力を借りた「人体の復元力の増強」・・・是非お試し下さい。

お問い合わせ
UFS理論
パワープリンセス
パワープリンセス 宇宙リズムの創造力

ヒトが自然を忘れ・・・そして心身の歪みが始まる

宇宙には定期活動による様々な「リズム」が存在し、私たち人間の存在の中にもそれら「リズム」が深くかかわっています。この人体のリズムを正常に保ち、自然のリズムに呼応しシンクロさせる・・・これがパワープリンセス「UFS」の持つ最大の機能です。

宇宙全体や地球という我々の「母なる存在」が発するリズムと、我々人類が内有するリズムがシンクロし自然との調和を図る・・・「UFS」はその為の“空間と時間”を構成します。「UFS」により構成された空間と時間の『場』に身を委ね、人間が本来持つ自然のバランスが回復する・・・肉体や精神の歪みがあれれば、「UFS」の作り出す“空間と時間”がその歪みを矯正するのです。肉体および精神が本来の自然のリズムに回復すれば、人体の「内なる自然」もバランスを取り戻す事ができます。

「UFS」は地球・・・宇宙へとつながります。日本最古の時空の年輪=圧縮天然石から発せられるπ率融合統一体の発見から始まりました。原理は太陽と地球の同心円を保ち、“サイクロイド、インボリュート”の場の統一方式で成り立っています。

パワープリンセス 人体と自然との調和

自然とのバランスこそが「人間らしさ」復活の鍵

人間の身体といのうは、常に「バランス」を保つようにできています。疾患があれば「白血球」などが活発化し、精神的なストレスがあれば「食欲」や「運動」を体が欲します。体が正常な状態を保とうとする能力・・・いわゆる恒常性の維持機能です。

この機能こそが人類が長い歴史を費やし、自然との関係を維持しながら獲得してきたかけがけえのない英知なのです。恒常性維持機能は肉体と精神を支え、その深層には46億年をも遥かに超えた地球の歴史・・・時空の記憶さえも蓄えられています。恒常性維持機能は過去の生命から人類を永続させるために受け継がれた知恵であり、永遠とつながる「生命ライン」とも考えられます。これは絶えず時空連続の中にあり全体を統合し、新陳代謝の根本をを担っているのです。「免疫力」「抵抗力」「自然治癒能力」などもこの配下にある人体の機能と考えられます。

自然とのバランスが崩れる・・・これは「恒常性維持機能」が本来の機能を果たさない事を意味します。人間の身体は宇宙そのそのものであり、自然を体内に内包して自然といかに波長を合わせて行くか・・・これは私たちが生きて行く上で重要な課題です。その根本は恒常性の維持と「自然」という目に見えない空間のつながりにある・・・と我々は考えています。

未来 健康な未来

知れば知るほど、健康と未来がみえてくる。

大宇宙から観れば、私たちの人生はほんの一瞬。だから何よりも大切にしたい命です。「UFS」は恒常性の維持機能と自然との関係を極めた、渡来の健康器具とは一線を画した「革命的」な製品です。これらは自然科学の分野でも類を見ない新たな理論「OABC理論」「ニュージャイロ方式」を基に必ずや皆様の健康にお役立て頂けます。

「UFS」の根本は「OABC理論」・・・万物のバランス形態はOABCを繰り返す度に復元され、それが無限に繰り返される・・・といった理論です。人体にとって問題なのは、Oという空間とAという存在の間に狂いが生じれば、無限に狂いが繰り返される・・・という事です。空間と時間はつねに一方的であり、調和以外には成立しないはずなのです。現代社会には人体においてもっとも重要なこれらの機能を狂わせる要素が満ちており、そのことが「現代人の心と身体の不調和」「精神的な病や身体の病気」として現れ始めた・・・と当研究所は考察しています。

自然に背けば、人として本来あるべき自然状態に様々な弊害が身に振りかかってきます。人はこれを運命や宿命と呼び、神仏に救えを求める事もしばしばございます。しかし元を正せば,人が自然との関わりをを忘れてしまった事により心身の「歪み」が始まったのです。自らの内に存在する自然に目覚め、体内のリズムと機能を復活させる事で「内なる自然」が自ら再生を始める・・・『自然』が『自然』を修復するのです。

パワープリンセス「UFS」こそ、そのための“場”W環境”を確保する、媒介となるべき存在として安心確立への新たな進化をもたらします。

OABC理論
OABC理論

簡単に言ってしまえば「永遠の進化論」ともいえる、物体の移動に対する時間変化・空間変化の理論である。

その内容は、まずは任意の空間として「O」を定義する。次に、存在「A」を定義する。この存在「A」とは、その物質的特質のほか、位置的特質、時間的特質などあらゆる要素を持つ、特定の存在としての「A」である。

ここには宇宙の大原則であるサイクロイド、インボリュートが存在しているので、存在「A」は必然的に移動が発生する。この移動という現象を「B」と定義する。移動とは位置的変化、それに要する時間的変化、時間的変化に伴う質的変化を伴うことから、元「A」の位置にあった存在「A」はもはや存在「A」としてはいられなくなる。ここで、第三の点、存在「C」が発生するのである。

このように、ある時点で「A」であった存在が、「B」という移動、変質を経て、「C」という新たな存在へ変化する。これが「OABC理論」であり、宇宙の総ての存在はこの「OABC理論」に支配されている。したがって、このバランス形態にひずみや歪みが生じれば、永遠に同じことの繰り返しなってしまう恐れがある。

例えば、現代でも完治し難いと言われる様々な慢性疾患なども同じようなことが考えられるのではないだろうか。ことに現代は、これらの機能を狂わせる要素に満ちており、そのことが、現代人の心と身体の不調和、精神的な病や身体の病気として現われてきていると思われる。自らの中にある自然に目覚め、そのリズムと機能を復活させる必要があるのである。それによって、自然との関係をいくらでも修復することが可能となると考えられる。

自然との関係が正常に保たれれば、人間本来の自然バランスが回復する。歪みがあれば、その歪みを元に戻す。私たちの肉体および精神が宇宙の法則との関係を本来の状態に回復すれば、自然が「自然」を修復するのである。その結果、恒常性の維持機能(ホメオスタシス)の回復も永遠の未来さえもみえてくる。パワープリンセス「UFS」こそ、そのための“場”“環境”を確保する、媒介となるべき存在なのです。

ニュージャイロ方式
ニュージャイロ方式

例えば公転・・・つまり太陽を軸とした円周運動、これはサイクロイドにあたる。そして自転・・・地球の軸を中心とした円周運動がインボリュートである。

その世界線を細分化し、パワープリンセス「UFS」には宇宙の法則を司る複数の原理が含まれている。これらの原理はそれぞれ固有の軸を持つ・・・それは、「OABC理論」のOであり、円周運動の中心であり、地球の地軸であり、サイクロイド、インボリュートの軸である。

このように複数の軸を合わせ持ち、それぞれのバランス状態が保たれた存在を「ニュージャイロ」と命名し、その方法論を「ニュージャイロ方式」と命名している。そして、人間のみならず総てに対し有効性を持ち、パワープリンセス「UFS」こそ、この「宇宙の法則」と「ニュージャイロ方式」の産物として未来を開く鍵である。

パワープリンセス
パワープリンセス UFSでつながる心

助け合いながら・・・自然が自然を修復する、新たな明日へ

自然融合会

■■自然融合会■■

当研究所が主催する、一般のご利用者の皆様と共に「UFS」に関する研究や新たな活用法を探る「研究会」です。

現在100名を超えるご入会を頂いており、定期的に全国の支部単位でご活動頂いております。

■■活動内容■■

◆ 研究所による「UFS」に関する最新の研究報告

◆ ご活用の皆様からのご意見・ご要望

◆ 研究所・ご利用の皆様からの「新たな病例対策」のご報告

◆ 懇親会開催

◆ 研究所による「UFS活用講習会」

■■入会資格■■

入会において、製品の購入等の制約はございません。革新的健康器具「UFS」に関してご興味頂けましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お問い合わせ

パワーストーンの自然融合研究所  パワープリンセス UFS 販売  パワーストーンのチカラ

自然融合研究所 会社概要  お問い合わせ  商標登録に関して

パワーストーンパワープリンセスの自然融合研究所
〒321-0915 栃木県宇都宮市東刑部392-5   TEL 028-656-5901

(c) 2007 自然融合研究所, All rights reserved. このホームページの著作権は「自然融合研究所」に属します。

yahoo Google MSN